【JACDS】池野会長「食品は成長に不可欠」‐Dgsショーでの提案に期待感

ドラッグストア
この記事は約1分で読めます。

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の池野隆光会長は21日の定例会見で、2023年8月18~20日に東京ビッグサイトで開催される第23回「JAPANドラッグストアショー」に言及しました。

開催に向けた意気込みを強調すると共に、ドラッグストア業界が伸長している要因の一つとして「食」を挙げ、「食品をどう扱うかといった提案があるようなドラッグストアショーであれば良いと思う」などと語りました。

池野氏は、「ドラッグストア業界は伸びているが、どこが伸びているかというと、一つは調剤で、もう一つは食。食品を扱うことで成長している」と説明しました。

まとめ

調剤併設型店舗を増やすことで、好業績をあげているウエルシアの池野会長ですが、食品の売上構成比率50%を超える業界No3のコスモス薬品の好調な理由を意識しての発言と思われます。

今後ますます売上を上げるドラッグストア業界の動向に目が離せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました