【アンケート】ドラッグストアについての意識調査

ドラッグストア
この記事は約3分で読めます。

みなさん こんにちは。

登録販売者Navi の中村です。

いつもありがとうございます😊

ところで、国内最大級の顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営する株式会社 ROI様(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山口敬人)は「ファンくる」会員を対象に、定期的に消費者の意識調査を実施しています。

その「ファンくる」様が、今回「ドラッグストアについての意識調査(有効回答者数992名)2023年1月19日~1月23日に実施されました。

ドラッグストアで働く方やこれから働こうと考えている方にとってはどんな内容だったのか気になりますよね。

そこで今回は、そちらの調査結果を掲載させて頂きました!

ぜひご覧ください♪

ドラッグストアについての意識調査

98%が月に1回以上利用、会員カード89%、アプリ78%が所有。

薬や化粧品から日用品までを手軽に購入することができるドラッグストア。

実際に消費者たちはどのくらいの頻度で利用しているのかなど、ファンくる会員992名(男性:263名、女性:729名)に調査を実施しました。

ドラッグストアの利用頻度は1カ月1回以上、97%の方が利用しており、主に日用品を購入する目的で訪れています。

80%の方は普段から決まったドラッグストアを利用しています。

ドラッグストアを選ぶ基準は「自宅からのアクセスの良さ」、「価格の安さ」が重要視されています。

今後、ドラッグストアに求めることは「価格の安さ」と「品ぞろえの良さ」でした。

ドラッグストアの会員カードを持っている方は89%で、アプリをインストールしている方は78%でした。

ドラッグストアが自社で展開しているECサイトを利用したことがある方は26%という結果となりました。

調査結果サマリー

  1. ドラッグストアを1ヵ月に1回以上97%が利用、目的は日用品購入
  2. 80%が決まったドラッグストアを利用
  3. 選ぶ基準は「自宅からのアクセスの良さ」「価格の安さ」、求めることは「価格の安さ」「品ぞろえの良さ」
  4. 会員カードは89%、アプリは78%が所有、自社のECサイトを利用したことがあるのは26%

調査結果

1.ドラッグストアを1ヵ月に1回以上97%が利用、目的は日用品購入

2.80%が決まったドラッグストアを利用

3.選ぶ基準は「自宅からのアクセスの良さ」「価格の安さ」、求めることは「価格の安さ」「品ぞろえの良さ」

4.会員カードは89%、アプリは78%が所有、自社のECサイトを利用したことがあるのは26%

ドラッグストアは多くの方に利用されており、私たちの生活に根付いている存在だとわかりました。

会員カードやアプリについても半数以上の方が持っており、クーポンやお知らせを入手するため活用されています。

本調査ではこれ以外にメルマガやアプリのプッシュ送信でお知らせを見ているのか、クーポンを活用しているのかなど全33問で回答を得て、年代別、職業別、居住地域別に集計しています。

調査概要

調査方法:インターネット調査

調査対象:一般消費者

回答者:「ファンくる」に登録している全国130万人のユーザー

回答者数: 992名(男性:263名、女性:729名)

調査時期:1月19日~1月23日

調査項目:ドラッグストアについての意識調査

設問数:33

【参照】ファンくる(株式会社ROI)調べ

「ファンくる」(https://www.fancrew.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました