【テスト】「第2章・第3章」登録販売者試験直前実力テストvol.1

登録販売者試験
この記事は約15分で読めます。

みなさん こんにちは。

登録販売者Navi の中村です。

いつもありがとうございます😊

ところで、登録販売者試験の出題パターンは

  • 主語が異なる(別のものの説明文になっている)
  • 文章の一部分が異なる(例えば、『開く』が『閉じる』などのように、逆になっている場合が多い)
  • 数字が異なる(3歳→6歳など)

がほとんどですが、

「苦手な箇所の得点が中々伸びない…」

「過去問で何度も同じ箇所を間違えてしまう…」

「苦手な箇所の攻略方法が分からない…」

という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、社内で長年、教育係を任されている私がおすすめする「登録販売者試験直前対策実力アップ用穴埋め問題集(100問)」をご用意しました!(今回は特に苦手にしている方が多い第2章と第3章から作成しました)

解答は最後にまとめてあります。

是非、合格力アップにお役立てください!

(続編も執筆します😊)

【参照】登録販売者試験問題作成に関する手引き(令和4年3月)厚生労働省

試験直前対策実力テスト(100問)

Q1)ペプシノーゲンは、胃酸によって主に( )を消化する酵素である( )となり、胃酸とともに胃液として働く。

Q2)肝臓は、( )の直下に位置し、胆汁を産生する。

Q3)大腸は、盲腸、虫垂、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸からなる管状の臓器で小腸と異なり、内壁粘膜に( )はない。

Q4)通常、糞便の成分の大半は( )で、そのほか、はがれ落ちた腸壁上皮細胞の残骸(15 ~20%)や腸内細菌の死骸(10~15%)が含まれ、( )の( )は約5%に過ぎない。

Q5)喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を( )といい、そこから肺の中で複数に枝分かれする部分を( )という。

Q6)肺自体に肺を動かす筋組織が( )。

Q7)心臓の内部は上部左右の心房、下部左右の心室の4つの空洞に分かれており、( )で血液を集めて( )に送り、( )から血液を拍出する。

Q8)静脈にかかる圧力は比較的( )ため、血管壁は動脈よりも( )。

Q9)交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( )であり、副交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( )である。

Q10)水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、( )の物を見るときには扁平になり、( )の物を見るときには丸く厚みが増す。

Q11)涙腺は上眼瞼の裏側にある分泌腺で、( )から涙液を産生する。

Q12)内耳は、( )器官である蝸牛と( )器官である前庭の2つの部分からなり、いずれも内部は( )で満たされている。

Q13)メラニン色素は、( )にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、太陽光に含まれる( )から皮膚組織を防護する役割がある。

Q14)汗腺には、( )腺と( )腺の2種類があり、( )腺は手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布する。

Q15)骨組織を構成する( )(炭酸カルシウムやリン酸カルシウム等)は骨の強靭さを保つ役割をもち、( )(タンパク質及び多糖体)は骨に硬さを与える役割をもつ。

Q16)不随意筋である平滑筋には、筋線維に骨格筋のような( )がない。

Q17)( )には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。

Q18)汗腺を支配する交感神経繊維の末端では、例外的に( )が伝達物質として放出される。

Q19)有効成分が皮膚から浸透して体内の組織で作用する医薬品の場合は、浸透する量は( )の状態、 ( )の有無やその程度による影響を受ける。

Q20)一般に、消化管からの吸収は、医薬品成分の濃度の高い方から低い方へ( )に拡散していく。

Q21)医薬品の有効成分は未変化体のままで、あるいは( )として、体外に排出される。

Q22)( )機能が低下した人では、正常の人よりも有効成分の尿中への排泄が( )なるため、医薬品の効き目が十分に現れず、副作用も生じやすい。

Q23)医薬品を十分な間隔をあけずに追加摂取して( )を高くしても、ある濃度以上になるとよ り強い薬効は得られなくなり、有害な作用(副作用や毒性)は現れやすくなる。

Q24)血中濃度はある時点でピーク(最高血中濃度)に達し、その後は低下していくが、これは(   )の速度が(  )の速度を上回るためである。

Q25)ゼラチンに対してアレルギーを持つ人は、( )の( )の原材料としてゼラチンが使用されることがあるので注意が必要です。

Q26)軟膏剤とクリーム剤は、有効成分が適用部位に留まりやすいという特徴があり、一般的にぬり薬は、適用する部位の状態に応じて、適用部位を水から遮断したい場合には( )を用い、患部を水で洗い流したい場合には( )を用いることが多い。

Q27)カプセル剤は、カプセル内に( )剤や( )剤、( )剤など充填したものがある。

Q28)ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する( )型のアレルギー反応の一種である。

Q29)「皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)を発症する可能性がある医薬品は限られており、発症を予測しやすい」〇か✖️か?

Q30)「無菌性髄膜炎は、医薬品の副作用が原因の場合、早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好となることがほとんどである」〇か✖️か?

Q31)間質性肺炎は、一般的に、医薬品の使用開始から( 〜 )程度で起きることが多い。

Q32)喘息は一般的に原因となる医薬品を使用後、( )で起きることが多い。

Q33)副交感神経系の機能を( )する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、膀胱の排尿筋の収縮が抑制され、尿が出にくい、尿が少ししか出ない、残尿感がある等の症状を生じることがある。

Q34)かぜの約8割は( )の感染が原因である。

Q35)「かぜ薬は、細菌やウイルスの増殖を抑えたり、体内から除去することにより、咳や発熱などの諸症状の緩和を図るものである」〇か✖️か?

Q36)ブロムヘキシン塩酸塩は( )の( )を良くする。

Q37)サリチルアミドは( )を鎮め、( )を和らげる。

Q38)葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされ、重篤な副作用として( )、( )を生じることが知られている。

Q39)( )は、体力中等度で、ときに脇腹(腹)からみぞおちあたりにかけて苦しく、食欲不振や口の苦味があり、舌に白苔がつくものの食欲不振、吐きけ、胃炎、胃痛、胃腸虚弱、疲労感、かぜの後期の諸症状に適すとされる。

Q40)プロスタグランジンには胃酸分泌調節作用や胃腸粘膜保護作用もあるが、これらの作用が解熱鎮痛成分によって妨げられると、胃酸分泌が増加するとともに( )の( )が低下して、 (  )を起こしやすくなる。

Q41)( )は、他の解熱鎮痛成分に比べ、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合されることが多い。

Q42)カフェインは、腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収( )作用があり、尿量の( )をもたらす。

Q43)眠気防止薬が小・中学生の試験勉強に効果があると誤解されて誤用事故を起こした事例も知られており、( )歳未満の小児に使用されることがないよう注意が必要である。

Q44)メクリジン塩酸塩(塩酸メクリジン)は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが( )、持続時間が( )。

Q45)( )歳未満では、自律神経系が未発達であるため、乗物酔いが起こることはほとんどないとされており、一般用医薬品として、( )歳未満を対象とした乗物酔い防止薬は販売されていない。

Q46)小児鎮静薬は、夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めることを目的とする医薬品(生薬製剤・漢方処方製剤)であり、小児における( )の改善は目的としている。

Q47)小児の疳を適応症とする漢方処方製剤は、生後3ヶ月未満の乳児に使用することができる。〇か✖️か?

Q48)(  )は、モルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

Q49)( )は、キキョウ科のキキョウの根を基原とする生薬で、痰又は痰を伴う咳に用いられる。

Q50)半夏厚朴湯は、構成生薬として( )を含まない。

Q51)ヨウ素系殺菌消毒成分が口腔内に使用される場合、結果的にヨウ素の摂取につながり、( )におけるホルモン産生に影響を及ぼす可能性がある。

Q52)( )は、消化管内容物中に発生した気泡の分離を促すことを目的として配合されている。

Q53)( )は、体力中等度以上で、胃がもたれて消化が悪く、ときに吐きけ、食後に腹が鳴って下痢の傾向のある人における食べすぎによる胃のもたれ、急・慢性胃炎、消化不良、食欲不振に適すとされる。

Q54)( )は、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられている。

Q55)( )は、食べすぎ、飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢の症状に用いられる。

Q56)消化管の粘膜及び平滑筋に対する麻酔作用による鎮痛鎮痙の効果を期待して、( )のような局所麻酔成分が配合されている場合がある

Q57)一般用医薬品の駆虫薬が対象とする寄生虫は、回虫と( )である。

Q58)( )は蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示す。

Q59)ピレスロイド系殺虫成分は( )の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して( )が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。

Q60)( )は、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、HDL産生を高める作用があるとされる。

Q61)( )は、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える効果を期待して用いられる。

Q62)( )は、コレステロールからの過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされ、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、 痺れ)の緩和等を目的として用いられる。

Q63)( )は、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成を促進する目的で( )が配合されている場合がある。

Q64)鉄製剤服用の前後30分に緑茶を摂取すると、( )と反応して、鉄の吸収が悪くなる。

Q65)( )は体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔
出血、便秘、更年期障害、血の道症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、 体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人、だらだら出血が長引いている人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

Q66)( )は、末梢血管における血行促進する働きがある。

Q67)( )は痔による肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して使用される

Q68)( )は膣粘膜又は外陰部に適用、吸収され循環血液中に移行する。

Q69)( )は、比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきびに適すとされるが、体の虚弱な人(体
力の衰えている人、体の弱い人)では不向きとされる。

Q70)アトピー性皮膚炎による( )等の治療に用いる一般用医薬品はない。

Q71)鼻粘膜が腫れて( )となっている場合には、一般用医薬品により対処を図ることは適当ではない

Q72)一般用医薬品の鼻炎用点鼻薬の対応範囲は急性又はアレルギー性の鼻炎及びそれに伴う副鼻腔炎で、( )などの慢性のものは対象になっていない。

Q73)( )は、肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑える作用を示し、花粉、ハウスダスト(室内塵)等による目のアレルギー症状(結膜充血、痒み、かすみ、流涙、異物感)の緩和を目的として、通常、( )と組み合わせて配合される。

Q74)( )は、抗菌作用を示し、細菌感染(ブドウ球菌や連鎖球菌)による結膜炎やものもらい(麦粒腫)、眼瞼炎などの化膿性の症状の改善を目的として用いられる。

Q75)ヨードチンキは、ヨウ素及びヨウ化カリウムをエタノールに溶解させたもので、( )している部位では、かえって症状を悪化させる恐れがある。

Q76)( )は、黄色の色素で、真菌、結核菌、ウィルスに対しては効果がない。

Q77)主なステロイド性抗炎症成分としては、( )、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルなどがある。

Q78)( )は、患部のタンパク質と結合して皮膜を形成し、皮膚を保護する作用を示し、患部が( )又は( )している場合、傷が深い時などには症状を悪化させる恐れがあり、使用を避けることとされている

Q79)バシトラシンは、( )を阻害することにより抗菌作用を示す。

Q80)ホモスルファミンなどの( )剤は細菌の( )を阻害することにより抗菌作用を示す。

Q81)ピロールニトリンは、( )や( )を妨げることにより、皮膚糸状菌の発育を抑える目的で用いられる。

Q82)( )は、炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用を期待して配合されている。

Q83)咀嚼剤は、ガムのように噛むと唾液が多く分泌され、( )が( )とともに飲み込まれてしまうので、ゆっくりと断続的に噛む。

Q84)口腔内が( )になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を( )にする食品を摂取した後しばらくは咀嚼剤の使用を避けることとされている。

Q85)( )は、軟骨成分を形成及び修復する働きがあるとされる。

Q86)( )は、アケビ科のアケビ又はミツバアケビの蔓性の茎を、通例、横切りしたものを基原とする生薬で、泌尿器用薬では尿量増加(利尿)作用を期待して用いられる。

Q87)( )は、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。

Q88)エタノールのウイルスに対する( )効果は、イソプロパノールよりも高い。

Q89)次亜塩素酸ナトリウムは、強い( )により一般細菌類、真菌類、ウイルス全般に対する殺菌消毒作用を示す。

Q90)アルカリ性の消毒薬が誤って皮膚に付着した場合、水洗する前に中和剤を用いて中和する。〇か✖️か?

Q91)ゴキブリの卵は、医薬品の成分が浸透しやすい殻で覆われているため、燻蒸処理を行えば殺虫効果を示す。〇か✖️か?

Q92)ジクロルボスは、有機リン系殺虫成分であり、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)と( )に結合してその働きを阻害する。

Q93)一般用検査薬は一般の生活者が正しく用いて( )を把握し、一般用医薬品による速やかな治療につなげることを目的として用いられる。

Q94)医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることを( )という。

Q95)膵臓は消化腺であるとともに、( )を調節するホルモン(インスリン及びグルカゴン)等 を血液中に分泌する( )でもある。

Q96)大腸の腸内細菌は、血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要な( )を産生している。

Q97)筋組織は筋細胞と結合組織からできているのに対して、( )は結合組織のみでできている。

Q98)交感神経系の活動が活発になると、( )のグリコーゲンの分解(ブドウ糖の放出)が促進さ
れる

Q99)眼の粘膜に適用する点眼薬の有効成分は、( )を通って鼻粘膜から吸収されることがあるた め、眼以外の部位に到達して副作用を起こすことがある。

Q100)( )は、血管壁を通り抜けて組織の中に入り込むことができ、組織の中ではマクロファージ(貪食細胞)と呼ばれる。

解答

1)タンパク質、ペプシン

2)横隔膜

3)絨毛

4)水分 食物 残滓

5)気管 気管支

6)ない

7)心房 心室 心室

8)低い 薄い

9)ノルアドレナリン アセチルコリン

10)遠く 近く

11)血漿

12)聴覚 平衡 リンパ液

13)表皮の最下層 紫外線

14)アポクリン エクリン エクリン

15)有機質 無機質

16)横縞模様

17)延髄

18)アセチルコリン

19)皮膚 傷

20)受動的

21)代謝物

22)腎 遅く

23)血中濃度

24)代謝・排泄  吸収・分布

25)カプセル剤 カプセル

26)軟膏剤  クリーム剤

27)散 顆粒 液

28)即時

29)✖️。発症の機序の詳細は不明であり、また、発症の可能性がある医薬品の種類も多いため、発症の予測は極めて困難である。

30)〇

31)1〜2週間

32)短時間(1時間以内)

33)抑制

34)ウィルス

35)✖️。図るものではない

36)痰 切れ

37)発熱 痛み

38)重篤な副作用として肝機能障害、偽アルドステロン症を生じることが知られている

39)小柴胡湯、柴胡桂枝湯

40)胃壁 血流量 胃粘膜障害

41)エテンザミド

42)抑制 増加

43)15

44)遅く 長い

45)3

46)虚弱体質 消化不良

47)✖️。使用しないこととなっている

48)コデインリン酸塩水和物 ジヒドロコデイン酸塩

49)キキョウ

50)カンゾウ

51)甲状腺

52)ジメチコン

53)平胃散

54)ヒマシ油

55)ロペラミド

56)アミノ安息香酸エチル

57)蟯虫

58)パモ酸ピルビニウム

59)除虫菊 残効性

60)パンテチン

61)大豆油不けん化物(ソイステロール)

62)ビタミンE

63)マンガン 硫酸マンガン

64)タンニン酸と

65)三黄瀉心湯

66)トコフェロール酢酸エステル

67)アラントイン

68)エチニルエストラジオール

69)桂枝茯苓丸

70)慢性疾患

71)ポリープ(鼻茸)となっている場

72)蓄膿症

73)クロモグリク酸ナトリウム 抗ヒスタミン成分

74)サルファ剤

75)化膿

76)アクリノール

77)デキサメタゾン

78)酸化亜鉛 湿潤 化膿

79)細胞壁合成

80)DNA合成 

81)呼吸 代謝

82)アラントイン

83)ニコチン 唾液

84)酸性

85)コンドロイチン硫酸ナトリウム

86)モクツウ

87)ブクリョウ

88)不活性効果

89)酸化力

90)酸をアルカリで中和すると、熱を発生して刺激をかえって強め、状態が悪化するがあるため適切ではない。

91)✖️。医薬品が浸透しない殻で覆われているため、殺虫効果を示さない

92)不可逆的

93)健康状態

94)プラセボ効果

95)血糖値 内分泌腺

96)ビタミンK

97)腱

97)肝臓

99)鼻涙管

100)単球

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は登録販売者試験直前対策として、第2章と第3章から穴埋め問題100問を作成時しました。

登録販売者試験問題の出題パターンは

  1. 主語の入れ替え
  2. 一部分の入れ替え

が、ほとんどです。

是非、過去問と穴埋め問題を交互に解いて合格を掴み取りましょう!

皆さまの合格を心より願っています。

令和3年度登録販売者試験(南関東)人体の働きと構造(20問)
https://youtu.be/Su4PbgNokf0





コメント

タイトルとURLをコピーしました