【分かりやすさNo.1】脳や神経系の働き 登録販売者試験(改訂版)解説

登録販売者試験解説
この記事は約4分で読めます。

脳や神経系の働き

体内の情報伝達の大半を担っているのが、神経細胞(神経線維ともいう)が連なった神経系があります。

神経細胞の細胞体から伸びる細長い突起(軸索)を神経繊維といいます。

人間の身体は手や足、筋肉、心臓など、それぞれの部位が単独で動いているのではなく、総合的にコントロールされて動いています。

このように体全体の動きをコントロールする部分を中枢といいます。

一方、その中枢によってコントロールされる部分を抹消と呼びます。

中枢は末梢からの刺激を受け取って、それらに反応して興奮を起こし、末梢へ刺激(指令)を送り出して、末梢の動きを発生させて人間の身体をコントロールしています。

また、神経系もその働きによって、中枢神経系末梢神経系に分かれます。

中枢神経系

中枢神経系は脊髄から構成されています。

脳は、頭の上部から下後方部にあり、知覚、運動、記憶や情動(感情)、意思決定などの働きを行っています。

脳の下部には、自律神経系ホルモン分泌などの調節機能を担っている部位(視床下部など)あります。

脳は、血液の循環量は心拍出量の約15%、酸素の消費量は全身の約20%、ブドウ糖の消費量は全身の約25%と、とても多くの血液が循環していて、多くの酸素やエネルギーを消費しています。

☝️他の体の組織と異なり、脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖です。

脳の中の血管には、体の他の血管にはない仕組みがあります。

それは血液脳関門といって、脳の神経細胞にとって必要のない血液中の物質を容易に通さない「箱根の関所」のような仕組みがあります。

それによって、私たちの脳は保護されています。

この血液脳関門は、神経細胞にとって必要な酸素や栄養分のみを通すようにできています。

しかし、アルコールや麻薬などの一部の薬はここをすり抜けることができるので、酔っ払ったり、麻薬に冒されたりするのです。

また、小児では血液脳関門が未発達であるため、循環血液中の医薬品の成分が脳に達しやすくなっています。

脳と脊髄は、延髄(後頭部と頸部の境目あたりに位置する)でつながっています。

延髄には、心拍数を調節する心臓中枢や呼吸を調節する呼吸中枢などがあります。

延髄は多くの生体の機能をコントロールする部位ですが、より複雑な機能の場合は、さらに上位の脳の働きによって制御されています。

脊髄は脊柱の中にあって、脳と末梢の間で刺激を伝えるほか、末梢からの刺激の一部に対して脳を介さずに刺激を返す場合があり、これを脊髄反射と呼びます。

末梢神経系

脳や脊髄から体の各部へと伸びている末梢神経系は、運動や知覚などを担う体制神経系と、知覚、運動や血液の循環などのように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担う自律神経系に分けられます。

自律神経系の働き

自律神経系は、交感神経系副交感神経系からなります。

概ね、交感神経系は体が戦い恐怖心などの緊張状態に対応するように働きます。

一方で、副交感神経系は体が食事休息になるように働きます。

体の各臓器や器官に対して、交感神経系と副交感神経系の二つの神経系が支配しています。(自律神経系の二重支配)

通常、交感神経系と副交感神経系は、互いに拮抗して働き、一方が活発になっている時は、他方は活動を抑制して、効果器を制御しています。

効果器に伸びる自律神経は、節前線維と節後線維からできています。

交感神経と副交感神経は、それぞれの神経線維の末端から神経伝達物質と呼ばれる生体物質を放出し、体のそれぞれの部位の動きをコントロールしています。

神経伝達物質

交感神経の神経伝達物質はノルアドレナリンで、副交感神経の神経伝達物質はアセチルコリンです。

ただし、汗腺を支配する神経線維の末端では、例外的ににアセチルコリンが伝達物質として放出されます。

医薬品の成分が体内で効果や副作用をもたらす際も、自律神経系への作用や影響がとても重要です。

アドレナリン様の作用を有する成分をアドレナリン作動成分、アセチルコリン様の作用を有する成分をコリン作動成分といいます。

それらと逆に、神経伝達物質であるアドレナリンの働きを抑える抗アドレナリン成分、アセチルコリンの働きを抑える成分を抗コリン成分といいます。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は「登録販売者試験 第2章 脳と神経系の働き」をまとめました。

自律神経系などは、一見すると覚えにくいように感じるかもしれませんが、そうでもありません。

むしろ、ちゃんとと理解すれば、得点しやすい項目です。

是非、覚えてくださいね♪


市販薬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました