【コラム】シニアって何歳のこと?

コラム
この記事は約2分で読めます。

最近よく「シニア世代」などという言葉を耳にしますが、シニアとは具体的に何才以上のことを表すのかご存知ですか?

また、「ヤング世代」や「ミドル世代」の境目も今ひとつ分かりませんよね。

そこで今回はシニアというのは何才からなのか調べてみました。

シニアって何才からなの?

国連・WHOの捉え方

国連ではシニア世代のことを60才以上、WHO(世界保健機関)では65才以上と定められています。

そして65〜74才までを前期高齢者、75才以上を後期高齢者としています。

東京都委託事業では

東京都委託事業では

  • 34才以上   ヤングコーナー
  • 35〜54才   ミドルコーナー
  • 55才以上   シニアコーナー

と呼んでいます。

結局、各種団体によって違いがあり、明確な規定のようなものはありませんでした。

アンケート調査結果

では「シニアとは何才からですか?」と各世代の人に向けてのアンケート調査結果を発表します。

  • 50代     63.5歳
  • 60〜64歳   66.2歳
  • 65〜69歳   68歳
  • 70〜74歳   70.1歳
  • 75歳以上   71.2歳

20〜50代までの人は、「シニア」のことを平均で63才ぐらいと捉えているようですが、60才を超えるとシニアだと思う年齢は一気に上がります。

そして自分の年齢にアンケートの答えが追いつくのが60〜64歳でした。

さらに70代になると自他ともに認めるシニアということになるんですね。

まとめ

「シニア」とは世間一般的には年長者、人生の先輩などという意味合いだと思われますが中には「年寄り」という人もいるでしょう。

ネガティブなイメージにもとられがちな「シニア」ですが、実際には健康で元気な方も多く、一昔前の感覚とは異なるのではないでしょうか。

自分がその年齢になった時に自分を「お年寄り」と思うのか見てみたいものですね。


市販薬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました